友人からお金を貸してと頼まれた際の対処法。

どれほど親しくしている友人であっても、幼少時代から知っている幼馴染の友達であっても、お金の貸し借りについては二の足を踏むという方は大勢います。

 

事業に失敗したから、ギャンブルで負けてしまったから、恋人との付き合いなどと理由を沢山いわれても、いざお金となると返してくれない可能性もありますので、不安はつきものです。

 

そんな友人からお金を貸してと頼まれた時の対処法として、信用のおける金融機関に相談するよう勧めることです。

 

サラ金と呼ばれる街の金貸し業者にお願いすると、高額のお金を貸してはくれますが、その分利子も大きく、返済に苦労することは目に見えています。

 

しかし、大手の金融機関ですと安心して借りることができるばかりか、利子も一般的な金額の場合がほとんどですので、返済も楽になるでしょう。

 

友人のためならと、高額のお金を貸してしまうのも良いですが、本当に友人の事を考えているのであれば、間に業者が入った方がお金の流れが分かりやすくなりますので、おすすめです。

 

また、どうしてもとお願いされて貸してしまう人もいますが、注意点として借用書を作成するようにしましょう。

 

必ず返すと言われても、信用しないわけではありませんが、しょせん口約束になってしまいますので、証拠がなければ返済の時に苦労するのは貸した側の人間になります。

 

間に業者が入る際にも借用書があるように、一対一で貸し借りする場合も借用書だけは作るようにしましょう。