すぐにお金を貸してもらうための手続きの仕方は?

金融機関からすぐにお金を貸してもらうには、カードローンを利用するといいでしょう。

 

なるべく迅速に、その日のうちに必要最低限の金額を貸してもらうには、消費者金融が便利です。

 

消費者金融は貸金業にあたるため、総量規制があり、収入の3分の1を超える額は借り入れ不可能ですので、気をつけましょう。

 

また、年収が確認できないと利用限度額を定められないことから、専業主婦やアルバイト収入のない学生は借り入れができません。

 

一般的に、希望額が30万円以下ですと、本人確認ができる運転免許証等の書類の提出だけで許可されることが多いです。

 

他の金融機関の借り入れがあったり、希望額が多い場合には、総量規制に抵触していないかを確認するため、収入証明ができる源泉徴収票や確定申告書の提出を求められますので、予め用意しておくといいでしょう。

 

自営業者の場合は、経営実態を確かめるために、確定申告書以外にも課税証明等、他の書類も提出を依頼されることがあります。

 

ネットバンクや大手の銀行、インターネット支店を設けている地方銀行では、申し込み専用のサイトを設けて、提出書類も画像の送付で受け付けることがあります

 

最寄りの地方銀行や信用金庫に申し込む場合は、営業エリア内に住所や勤務先があることが条件になっていることが多いです。